自宅ヨガに必要なもの

自宅でヨガをするにあたって、準備しておくと良いものを挙げていきます。

《準備物》·水やお茶などの水分·ヨガマット·動きやすい服装·タオルです。

ヨガは激しい運動に見えませんが、きちんと腹式呼吸をしてポーズをとると汗を多くかきます。そのため足元が滑りやすくなるため、ヨガマットのような滑りにくいマットがあるといいでしょう。またこまめな水分補給、汗を拭くためのタオルが必要です。自宅で行う場合、水分補給を忘れがちなので注意しましょう。

自宅ヨガに必要なものは、このサイト見ると参考になりますよ!
http://www.xn--mck8f022kkd6a.xyz/

ヨガは、精神を安定させる作用がある他、新陳代謝の向上、それによる肩凝りや冷え性の改善、痩せやすい体作りが見込まれます。

無理をすると逆に体を壊す危険はありますが、自宅でも注意して行えば、体にとって良い様々な効果が期待できるでしょう。

遡ってヨガについてもお話しますと、ヨガは紀元前2,500年も前のインダス文明でヨーガとして発祥しました。その後、400年頃にヨーガ・スートラの教えが成立、1600年頃にはハタ・ヨーガとして世界に広まりました。そしてその後、1970年代、1990年代と世界的にブームが起きました。日本でもハリウッドでの人気から瞬く間に人気がでました。ヨガは昔からあらゆる人が研究し伝承していったため今でも名を残しています。簡単に話しましたが、ヨガはポーズを綺麗にとる事が目的ではありません。人々の心と体、魂をつなぐための1つの手段です。ですので自宅ヨガをするときには、負荷をかけすぎずリラックスして行いましょう。無理は禁物です。

自宅でヨガ!注意点は??

ヨガといえば、あらゆるポーズがあります。英雄のポーズ、らくだのポーズ、足と手のポーズ、立ち木のポーズ、戦士のポーズなど数多くあります。

ポーズは、立位・座位・ねじり・前屈・後屈・バランスと分かれています。ポーズによって難易度も異なります。前屈系・後屈系・開脚系・体側系・ツイスト系・バランス系・逆転系という種類で知られています。

ですので、ポーズについてはDVDや本を参考に覚えていくといいでしょう。 ヨガのやり方について簡単にお話しましたが、自宅でヨガをするときの注意点をお伝えします。

《自宅ヨガの注意点》·自宅でヨガをすると無理をしがちなため、絶対に無理をしないことです。·ポーズは難易度の簡単なものから徐々に行い、体を慣らしていきます。

・痛みを感じるポーズは我慢せずに止めましょう。
・食事した直後は行わず、ヨガをしたあと一時間~二時間は食事を控えましょう。内蔵への負担をかけないためです。
・水分補給をしっかりととりましょう。
・ポーズに集中しすぎて、呼吸を忘れないようにしましょう。

何点か注意点を挙げましたが、自宅でするとなるとストップをかける人がいないため無理をしないで自分の体の状態と心の状態を見極めることが大切になってきます。また、ヨガのポーズは難しいものもありますので、本では分かりにくい場合があります。DVDで確認しながら行いましょう。

『体に柔軟性が出て、けがをしにくくなる』とか『代謝が良くなる』
とか『健康的』とか『ストレス解消になる』とか色んな効果があるヨガを是非自宅で!

自宅ヨガのすすめ~実践編

ヨガは簡単なようですが、コツを掴むまで難しいため自宅で行うにははじめは苦戦するかもしれません。

しかし、ヨガを続けることで体が覚えていきます。まず、ヨガをするに当たって呼吸法が重要となります。《呼吸法》ヨガの呼吸は、腹式呼吸という深い呼吸で行います。この腹式呼吸は、意識して呼吸をしないと少し難しいです。簡単に説明しますと、鼻から息を吸いながらお腹を膨らませます。お腹に息が入るように意識します。そして吐くときは口からゆっくりと息を吐き、お腹をへこませます。お腹から息を出しきるよう意識します。この方法をゆっくりと深く続けます。ヨガはポーズをとりながら腹式呼吸をするため慣れるまでは、先に呼吸法を練習するといいでしょう。

またヨガで重要となるのは瞑想です。《瞑想》瞑想もはじめは難しいかもしれません。まず瞑想とは、無になることです。人は日々何かしら頭で考えています。「今日のご飯は何にしようかな。」とか「仕事が終わらないや。」とか小さなことでも大きなことでも頭の中で考え事をしますよね。何も考えないときは、寝ているときだけと言ってもいいかもしれません。その脳の働きをリセットするべく、瞑想をするんです。

静かなところで目を閉じ、楽な姿勢で、呼吸に意識を高め、頭の中の考え事を無にします。この瞑想の時間はヨガそのものの目的に必要不可欠と言えるでしょう。瞑想することで、心が軽くなり体も軽くなります。

寒くなってきたからこそ、自宅でヨガを!

暑い夏も終わり、だんだん涼しくなってきましたね。この先、あっという間に寒さを迎える季節にもなります。寒くなると、身体が硬直して肩が凝ったり、疲れやすくなったりしませんか?

また、運動したり、散歩したり、外出することが面倒になったりしませんか?そんなときにおすすめなのが、自宅でできるヨガです!ヨガって一度は聞いたことありますよね。最近ではヨガスタジオが増えていますが、スタジオへ通う時間がない人や外出することが面倒な人には不向きですよね。

「好きな時間に」「自分のペースで」健康的に運動をするなら自宅でできるヨガがおすすめです。自宅ヨガをする場合には、注意するべきこともありますので、自宅ヨガの良い点、注意点をご紹介していきます。

はじめにそもそもヨガとは何かお伝えしますね。《ヨガってそもそも何?》ヨガは単なるストレッチやバランス、エクササイズとは違います。ヨガとは、繋がりという意味を持ち、心と体と魂を繋ぐための修業法として始まったものです。そのため、身体を動かすだけではなく、瞑想したり、呼吸を整えたりします。そして精神を安定させ、心と体を結びつけていきます。体が疲れていたり、悩んでいたり、忙しいときこそヨガを取り入れるといいですよ。心が安定すると自然と体も楽になります。では、瞑想したり呼吸を整えたりと難しそうなヨガは、そもそも自宅でできるのでしょうか?

~続く。